2018年6月19日火曜日

1年で、半年しか講義できない

重度の花粉症のため、花粉症の季節は声がでないので講義ができないという状態が続いています。
花粉症の季節は、花粉の無い場所へ移住を考えなければならないですね。
国内なら北海道、海外ならアメリカになると思います。

2018年6月12日火曜日

公務員試験、実は大変革期

 受験生にとっては、今年の公務員試験は少し例年とは異なる印象を受けたはずです。
受験者にとっては当事者なのでそのことがそれほど気にならないと思いますが、予備校はある激変に気が付いているはずで、従来の講座ではなく、新しい商品開発をしなければならなくなったと思っているに違いないです。
 このあたりは、現在、某予備校関係者とも話し合っている最中です。

 予定では、今年は、国家総合職の解法テクニックの動画枠を広げていきたいと考えています。
ただ、地上一般レベルだと「茂木式」の独特の解き方を多く開発しましたが、総合職の問題の解き方になると私も大学の先生も解き方にほとんど大差はなくなってきます。

2018年6月7日木曜日

MacBook Proの復活なるか!?

私も一応は、MACのノートがあるのですが、常時使っているAdobe Creative CCの機能を十分に発揮できないので、外では作業が出来ず、ほとんどパソコンでの作業は自宅で行っています。

この外で編集作業ができないというのは、行動範囲を狭める結果になるので、結局はMACのノートの活用を制限されることになってしまいます。

特に、4K動画編集を外出先で行えるという点を何とかクリアしなければなりませんね。
このeGPUの進化に期待しています。

[前編] eGPUでMacBook Proが変わる!4K動画編集も快適なGIGABYTEのRX580 Gaming Box #529 [4K] [GH5]
https://youtu.be/bL3fR7jiuwM

Mac で外付けのグラフィックプロセッサを使う
https://support.apple.com/ja-jp/HT208544




2018年6月4日月曜日

365日楽しめる街へ

日本が観光立国として、365日外国人が楽しめるための街づくりは、猛暑の夏の時期の克服が最大のポイントになりますね。

そして、家族全員が楽しめなければなりません。

先日、知床五胡に訪れた外国人が「たったこれだけ?」と話をしていました。
日本人としてはくやしい思いをするかもしれませんが、何も知識がなく、パッと見ただけならそう思うのかもしれません。
感動を与えるための演出、準備不足だと思われます。


2018年5月25日金曜日

30年はすぐに通りすぎた。


漆芸:中條伊穂理 先生
http://galleryjapan.com/locale/ja_JP/work/list/?subject_category=3&technique_category=30305&sort=2

 30年前以上に、私は彼女と同じ教室で美術の世界にいました。

 当時、伊穂理先生は、「言葉」はウソだらけ、美術というコミュニケーションにはウソがない!という事を話していたが、なかなかやはり大物の片鱗があったと思います。
 この言葉でない、心の中にある「美」によって到達できたコミュニケーションには桃源郷に近いモノがあります。
 多くの人は言語空間に支配され、その桃源郷を見ないまま一生を終えると思われます。
 早い時期にそれを伝えた彼女は、神の化身なので人間国宝になってほしいものです。

 私は60歳になったら、美術界に復活すると約束したので、その時は彼女の教室にでも行こうかと考えています。



               中條伊穂理:ぐいのみ


2018年5月17日木曜日

経済学の動画を4Kで

 カメラ機材が急激に進化して、しかも旅行先で4K動画の編集もできるようになりました。
Youtubeに関して言えば、世界中の人たちと動画編集のやり方をリアルタイムで話しながら仕事が進めることを可能にした現行のSNS環境の存在が最も映像のクオリティに貢献していると思われます。

 せっかく、高い技術を習得できたので、これを経済学の動画に流用しないわけがないのですが、以前からどうやったら音声無し(年齢を制限しない、言語を制限しない)でできるかが最大の課題になっています。


2018年5月10日木曜日

いかに身なりを軽くするか

兵馬俑に見られるように、最強の軍隊の最前列は重装備ではなくいたって軽装である。
身軽であるからこそ、あらゆる角度から攻撃に対応できる機動性が備わる。

カメラの手ブレは、基本的にはカメラが重いことに原因があると思う。
重厚な手振れ補正機能があってもカメラが重かったり、重い荷物を背負っているような状態では十分にその機能は発揮できないだろう。

それよりも、簡単な手振れ補正でいいので、軽量なカメラの方がはるかにキレイな映像が作れる。
しかも、手ブレしないようにすり足よりも、多少速く走った方が安定する(ブレが小さくなる)。
カメラ(視覚)は理論上とは合致しないことが多い。


2018年5月3日木曜日

都内のホテルは意外にうるさいことを覚悟

 試験や説明会で東京に来る人も多いと思いますが、札幌や京都同様に、大型ホテルは外国人観光客が多いので運が悪ければかなりうるさい夜を過ごすことになります。

 例えば、ネットで格安トラベルサイトに出てこないようなお得なホテルを偶然発見した!これなら空いているはずだ!という発想は大間違いです。おおよそそういうホテルは海外で大々的に広告しているはずなので、日本人が見るようなトラベルサイトに広告を出す必要が無く、日本の風習(夜は静かにする)を知らない大物外国人が多数宿泊している可能性が高いです。(特に下町のバジェットホテルなど)
 もちろん、朝食バイキングも壮絶な奪い合いとなり、ゆっくり食べていることはできないかもしれません。

 私は国内なら、基本的に日帰りにしていますが、どうしても宿泊する場合は、wifiがないようなホテルに泊まります。それは同時に海外のサイトで、どこのホテルがどのように紹介されているのかを知っているので、そういったサイトに登場することがない、地域密着型のホテルでもあります。

 また、ドミトリータイプやカプセルホテルは神経質な人は意外に眠れません。以前は眠れたという人も、少しでも気が張っていると状況は異なります。

2018年4月30日月曜日

Youtubeの検索

動画スロットの上位に、労働供給関連の動画が入って来ています。
それが試験で出題されたことがすぐにわかりますね。

これだけ、たくさんの公務員試験の教材があるし、学力的にもそれほど差があるわけではないので、予備校は講義ではなく答練中心にした方がよさそうですね。
結局、試験会場での集中力で決まるようになってしまっている。

経済学の問題でよくあるケース
①簡単な問題であるが、何かが逆さまになっている。
②まったく関係がない数式や言葉が入っていて、それは解答には全く不要。
③似たものが入っていて、勘違いさせる。
④何気なく書かれているリードの部分を安易に処理すると全部間違えになる。
⑤実は日本語の読解力の問題。
⑥選択肢の正誤判定のみで解答する。
など

2018年4月25日水曜日

雪まつり、阿波おどりさえもパワーダウン。T-POINTを未だ知らない外国人が多い。

 日本を代表するお祭りで、海外の観光客を魅了するものといえば雪まつりと、阿波おどりでした。

 しかし、その2つお祭りに強い関心を抱く外国人は少なくなったという印象です。今年は雪まつりの問い合わせはほとんどありませんでした。
 同時に、ここ数年、訪日外国人で隆盛を誇っていた浅草も少しパワー不足ぎみです。

 今年、四半期でもっとも問い合わせが多かったのは、桜です。
 たぶん、日本に来る目的が何かを見学するのではなく、自分の写真を撮ることや自分で体験することに完全にシフトしているからだと思われます。日本の桜と共に写真が送れるなんて最高のはずですね。

 実は、「T-POINT」とは何か?という質問もそれなりに多くなっています。
 つまり、多くの訪日外国人がいるけれど、その多くは単なる短期観光で生活の中には踏み込んでいないレベルなのです。